2016.02.24 [ カテゴリ:いろいろ ,お知らせ ]
店主のブログ始めました。

2015年2月4日 オープンした、祈る暮らしの雑貨店

2016年2月4日 店主のブログ、こっそりオープンしました

旅するように暮らしたい 暮らすように旅したい
〜純子センセイの、旅するような日常と暮らすような旅の日々〜

お店と関係あるよなないよな店主のブログ
ご覧いただけましたら幸いです。

Junko

2015.10.24 [ カテゴリ:いろいろ ,声(レビュー) ,製品について ]
喪失の痛み

今日は妹の命日です。
妹よ、きみを亡くしたときの如く
姉は今、喪失のイタミと戦っています。

『きみをなくした痛みに比べれば…』とかよく言うけど
喪失の痛みに、大小はあるのだろうか?
痛いものは痛い
辛いものは辛い
苦しいものは苦しい
比較したところで癒えはしない。
けどね、お姉ちゃんは学習したのだよ。
痛みを拡げない。癒す速度を速めることはできるって。

花の形の香を焚き、ピンクの花びらが重なる、可愛いキャンドルを灯す。
窓を開け、息を深く吐いて、吸ってを繰り返す。
後悔や理由が出てきたら、意識的に「感情」だけ感じるようにする。
涙は我慢しない。
いい香りと、優しいピンクで心が鎮まる。

なくしてツライのは、それだけ大切だったから。
得られたものの大きさに感謝する。
「得られなければ失くさなかった」そう思わない自分を褒める。

真っ黒の雲の上は、光に満ちている。…その希望だけでなんとか保たせる。

全ては、最適なタイミングで
最善最良に導かれているのだと思う。

たとえ、いまはそう思えなくても…。

(Junko)

de4a03f1e91e1aef1308de4325064820-248x330 スクリーンショット 2014-09-25 2.57.14

2015.08.14 [ カテゴリ:いろいろ ,お知らせ ]
ホームページ リニューアルオープン!

TOP画面やなにやらを、リニューアルしていただきました。

画像が変わると、ちょっと素敵な感じです。

青空は、Shopをオープンした2015年2月4日の空 抜けるような綺麗な空でした。

月が見える空は、実家の駐車場から撮りました。

どんなに寂しいときも、どんなにカナシイ時も、どんなに辛いときだって

いつだって雲の上は晴れている。

どこだって空は繋がっている。

 

心は形についてくるらしいから

泣いた後は、ムリをしても口角あげて、笑顔をつくってみようと思う。

そのうちきっと心から、幸せに微笑えるようになると思う。

今日も笑顔でいられますように。

Junko

 

2015.03.25 [ カテゴリ:いろいろ ,お知らせ ,声(レビュー) ]
似顔絵

本日は、クラウドファンディングで引換券を購入いただいたかたの絵をご紹介します。

Shopではただいま「似顔絵」を準備しているのですが
私も作家も試行錯誤なので…モニターも兼ねていただきました。

さて、似顔絵のご希望は「家族全員」です。死産で生まれたお子さんも、もちろん一緒。
表向きのお話はコチラ→Shopブログでご紹介していますので

コチラでは裏話を…

偶然なのか必然なのか 幸いなことにご家族はお会いできる距離にお住まいでした。
さらに幸いなことに当初お一人でお会いする予定だったのが
家族全員お揃いのお宅にお邪魔することに。
…緊張(笑)したのも束の間で
お嬢さん達の明るい声とパパの優しい声に雰囲気はあっというまに和みます。
その様子をすかさずスケッチする村井画伯

紘一さん2JPG
その間私は…上のお嬢さんの夢のオウチ(パパ作:段ボール製)にご招待いただき
本気で喜び遊んでおりました(笑
段ボール

遺族としての私がお届けしたいのは「似顔絵」という形をとった家族の想い
望むのは、「明るいほうへ」それがどういうものなのか正直わからないし
それぞれ違うから、わかることもないだろうと思ってる。
わからないことを前提に、汲み取れるだけ汲取れたらと思う。

それを、村井さんは絵にしてくれる。
「生まれなかった赤ちゃんの絵って…描いてもらえ…ますか?」
ほぼ初対面で、変な人だなって思われても仕方ないような事をおずおす訊ねる私に
『描きます』と静かに即答してくれた彼に、心から感謝を。

支援、ご協力いただきました5人のご家族皆さんにも感謝でいっぱいです。
10429267_10205018405734140_7054012823626684485_n
同じ家族でも、抱える想いはそれぞれ違う。
誰も代わってあげられなくて、自分で越えていかなきゃならないことってあるよね。

5人の家族が越えてこられた時間や想いを労るような優しさ柔らかさが愛おしく
これからの4人を見守り励ますような息子さんの眼差しが優しくて。

とても悲しい気持ちの上に、優しい想いがふわりふわりと重なっていくような
そんな経験をさせていただきました。

そうそう!村井画伯は後に「イケメン」だねって評判だったようです(笑

2015.03.15 [ カテゴリ:いろいろ ,声(レビュー) ,製品について ]
まわりん

我が家の「まわりん」
主に、寂しいときにコロコロされています。
凹んだとき、励まされたい時も大活躍です。

テーブルの上に常に置かれる私の「まわりん」…出番は結構、多いです。
mawarin1

満月や新月にも左右されちゃう起伏ある感情
平穏な感情でいられるのなら、いっそのこと何も感じなければと思っては…
そんなのはつまらん。と思い直す(笑
甘え上手だった妹みたいになりたいなぁ。

そんな時に、えいっと弾くと
ころころ ゆらゆら チリンチリン〜♪ 軽くて優しい音が鳴ります。

大丈夫だよ。
凹んでもいいよ。
ゆらゆらしても大丈夫、ちゃんと起き上がれるよ〜。

そう、励まされる気がします。
リラックスした方が、いい考えが浮かぶよね?
「1/fのゆらぎ」の効果かな?

いつも笑顔でいられる強さはなくても、ちゃんと取り戻せるから大丈夫。
弱くても大丈夫、へこたれない強さはある。
私が声をあげさえすれば、きっとみんな助けてくれる。
大丈夫。

我が家の「まわりん」は、いっつも私の味方です。

2015.02.28 [ カテゴリ:いろいろ ]
残る言葉

『一度だけの人生、どこで何度後悔しても 明るい未来を夢見て生きたいですね。』

そう言った友人を思い出しています。

ひとつひとつ楽しそうに夢を形にしていく姿を、頼もしく眩しく感じる人でした。
元気でいるかなぁ?

言葉の力ってすごいな。
きっと、その言葉と、想いが一致しているからなんだろうな。

私はどれだけ、人の中に言葉を残せるのだろう…?
残そう。とは思わないけど
残ったら嬉しいよね。
そのとき一緒に思いだしてもらえるのが 笑顔の私だといい。

 

 

 

 

2015.01.31 [ カテゴリ:いろいろ ,お知らせ ]
2月4日 ショップサイト公開します!

スクリーンショット 2015-01-31 22.24.20

PRIERE 祈る暮らしの雑貨店 shop公開日を2/4に決めました。

自分が描いていた“ちゃんと”には程遠いし
試行錯誤しながらの運営は
たくさん迷惑かけるかもしれない

すごーく 不安で心配で怖いけど
やってみないと始まらない
改善だってできない
大事な人に届かない

それはダメ!

一個からでもいいから届けたいと思った気持ちを思い出して、えいっと踏み出してみます。

本当に試行錯誤なのですが
先ずは2/4〜2/11までの1週間予約を受けて
2月下旬〜3月上旬にお届けできるように準備をしたいと思っております。

アイテムは、山口久乗さんの商品全て キャンドル お香 を予定しています

これから徐々にアイテムは増えて行きます。
楽しみにしていただけるといいなぁ・・・

お客さんきてくれるかなぁ
いやいや始まりはどんなものでも小さいもんだ
独りボケ突っ込みしつつ、ぐーらぐらしてますが
まずは『開店』!一歩踏み出す勇気を!

ただいま必死にショップサイトを整備中です…^^;

2015.01.21 [ カテゴリ:いろいろ ]
There is always light behind the clouds.

昨夜は新月でしたね。

満月や新月はどうしてかココロが不安定になる気がします。

わけのわからない恐怖に、膝を抱えてやりすごす…

わけわからない恐怖に今の懸案事項が重なると、迷走しだして止まらない

踏み出してしまえば大丈夫とわかってはいても

はじめの一歩の怖いこと怖いこと…

 

清水の舞台から下を覗きこめば、そりゃ怖いよね。

はじめは誰もが初心者さ!

そう思い直してある迷いごとを中止

手探りでも綺麗に整ってなくても、怖くてもなんでも 飛び降りてみよう。

 

昨夜は新月

見えなくても宙(そら)は在る

There is always light behind the clouds.

雲の上はいつも星空

雲の上はいつも青空

朝焼け

清水の舞台から えいっと飛び降りる勇気を願う 今朝の朝焼け

2015.01.07 [ カテゴリ:いろいろ ,お知らせ ]
2015年

普段構えちゃう「祈り」も
お正月は大放出!

年賀状に並ぶ
「〜お祈りします」
「〜で、ありますように」
読んで口許ほころびます

幸運を健康を願い祈ることは
こんなにも「あたりまえ」

素敵な年でありますように。

image

 

 

 

2014.12.25 [ カテゴリ:いろいろ ,お知らせ ,製品について ]
お店のカタチとネーミング

「祈る 暮らしの雑貨店」祈るを、悼むとしないのには理由があります。

「悼む雑貨」を一カ所に集めることで、敏感になっている心が傷つく二次的な悲しみを防げるかもしれない

品物を探す時間を、少しでも心を癒す時間に使って欲しいと思う。

だから先ずは「供養雑貨の専門店」として広がって欲しいと思ってはいます。

 けれど私の中では、大切な人=(イコール)喪った人と限定はしていないのです。

 大切な人や自分の、幸せや無事や冥福を 息をするように自然に祈る

祈ることが暮らしに自然にとけ込めばいいなと思う。

大切な人が 早く元気になりますように
大切な人が どうか無事に帰ってきますように
大切な人が 今日も幸せでありますように
大切な私の 願いが叶いますように      
世界が   平和でありますように。

 

悲しいことも嬉しいことも心配なことも不安なことも

大切な人を想うことは素敵で豊かなことだと思う

「悼む」お店と「祈る」お店 どうしたらいいかなぁって考えています。

何れにしても、どんな想いも 明るい方へと祈りをこめて

素敵な品を探してお届けするとお約束します^ ^

 

当店でお取り扱いが決まっている久乗おりんさんの「おりん」もまた「仏具」と限定なさっていません。

楽器や暮らしを彩る道具として“日々の生活を気持ち豊かにするおりん”

 落ち着きや癒しの効果もある音は、聴く人の脳波にα波の増加が見られリラックス効果があると科学的実験でも確認されてます。

「1/fのゆらぎ」というそうですよ。

起き上がりこぼしになっている「おりん」は、元気になってほしい方への励ましの品にも選んでほしいと思っています。

そばにいられない代わりに

チリンチリンと鳴る愛らしい音が、どうか心を和らげてくれますように。Exif_JPEG_PICTURE