2016.04.19 [ カテゴリ:お知らせ ]
ポコズママの会×PRIERE

PRIERE 祈る暮らしの雑貨店 のリンクを貼ってくださっている
ポコズママの会のHPがリニューアルされました
「サービスグラント」の助成を受けて無償で作成されたそうです。

ポコズママの会
流産・死産(人工死産)・子宮外妊娠・胞状奇胎・新生児死などの理由により小さなお子様を亡くされた家族同士の支援を目的に活動している非営利団体。

医療機関に勤めている時に知った、とても残念な現実を
変える何かができないものかとポコズママの会代表の加藤さんにコンタクトを取ったのは5〜6年前。
だったかなー

我が子を亡くした彼女と
小さい妹を亡くした私
「家族」を亡くした共通の気持ちは通じるのも早く
具体的には何をしたらいいのかと悩む私に
ポコズママの会を10年運営されている加藤さんは頼もしくもありました。

それから数年。明るい方へと祈りをこめてPRIERE(プリエール)という
小さなお店を立ち上げることができたのが1年前のこと。
今も試行錯誤中ですが

「たとえ小っさな歩みでも、立ち止まってうずくまっても、進むことは止めない。」
そう決めて、彼女が色々挑戦されているのを見ていつも励まされています。

生まれることがなくても、生まれ出た日が短くても
そこに在った命、その命を愛しむ気持ちを知っていただけたら。
温かく見守ってもらえたら嬉しい。

大切な人を喪ったかなしみが 癒されることはないのかもしれないけれど
顔をあげる、あげようと頑張るあなたの 小さな力になれたら嬉しいです。

 

店主ブログはこちら→旅するように暮らしたい暮らすように旅したい

2016.04.16 [ カテゴリ:お知らせ ,製品について ]
f分の1のゆらぎ

店主ブログはこちらから。

 

我が家には「おりん」がたくさんあります。

お届けするものは自分で使ってみてという大義で置き始め

今や、すっかり日常に溶け込んでいます。

おかげで山口久乗の社長が仰っていた『音が応えてくれる』を体感する日々

おりんの中でも「どありん」は「鳴らす」動作が必要ないのが良いところ。

辛い時、悲しい時って

能動的に「音」を鳴らす動作をする気になれるレベルとなれないレベルがあるのですよ。

「どありん」ならドアを開ける必然の動作で音が出ます。

脳波にα波の増加がみられ、リラックス効果があると言われる

謎だらけな、心地いいには違いない「f分の1のゆらぎ」という音波に

勝手に浸れるのは実にありがたい。

 「ただいま」には『おかえり。』

 「行ってきます」には『行ってらっしゃい。』

 「疲れたーには」『お疲れさま。よく頑張ったね。』

  ため息には『大丈夫?ゆっくりおやすみ。』

  笑顔には『よかったね。』

慌てて出る時は音も盛大になるのでねー

『気をつけて!!』と言ってくれてるようで思わず笑顔がこぼれます。

その有り難さに ほっとしています。

どありん
マグネットで簡単に「貼れ」ます。結構強力な磁石です。金具での取り付けも可能(付属)
ドアの背が高いならどありん(遊) が可愛い。実際、背の低い私は上を見ないのでねー天井に飾りが引っかからない どありん素 重宝してます。
冷蔵庫につけるのもいいアイデアですねー。

お買い物はこちらから。

富山県高岡市 創業明治40年の「山口久乗」さんでつくられています。

ネット販売は基本的にお断りされているそうですが

当店の主旨にご賛同いただきお取り扱いさせていただいています。

受注販売のため、少しばかりお時間をいただいております。

「こんな方からご注文ですー」『大事に送りますねー』そんなやりとりをして

大事な人の日々の「あたりまえ」を彩り、癒し、助けてくれますようにと祈ってお届けします。